新車の値引き情報

プリウスPHV 値引き

プリウスPHVの値引き交渉をしてきました〜、そして試乗もしてきました。

父の車がそろそろ車検でして、次に買い替える時はPHVが良いと言ってたので、試乗を兼ねて一足先に値引きの話もしてきたんです。

プリウスPHVの値引はガチガチ

ずばり、プリウスPHVの値引きは、だいたいどこの店も15万円が限界だと言われました。これに自分が住んでる街の補助金が20万円くらい出れば上出来な方だとか。

ちなみに、オプションを増やしたところで、値引きの額は大して違いはでないとか。

この値引き額はグレードでもオプションでも差はなく、おそらくは誰がどこの販売店に行っても15万円は出るようなムードでした。

つまり、プリウスPHVという車は値引きの交渉を頑張っても無駄で、後は下取りに出す車をいかに高く売るかが大切になってきます。

売り方によっては30万円や50万円も簡単に高く売れるようになる方法があり、しかもディーラーに行く前にやっておくべき事があるので、以下で詳しくお伝えしますね。

プリウスPHVを見に行く前にやっておくべきこと

プリウスPHVをディーラーに見に行くと、必ずその時に営業マンがついてあなたに話しかけてきます。

この時、通常は話しの流れで「とりあえず査定してみましょうか」となり「下取り査定」をされることになりますが、実はここが問題になる部分なんです。

営業マンからすると、値引き額の相場はネットで拡散されてバレバレなので、利益を増やすためには、下取りに出される車をいかに安く買い取るか?がカギになってきます。大抵は中古車の買い取り店よりもかなり安い金額を提示されます。

ここで、あなたが下取り査定に出す車の正しい金額をしらないと、ディーラーの営業マンに安い金額をつけられても損か得かの判断ができません。

最悪なのは、そのまま購入の話しが進み、知らず知らずのうちに相場よりも安い金額で下取りに車を出してプリウスPHVに買い替えをしてしまうことです。

もし、事前に正しい査定額を知っていれば、営業マンに「え?下取りが50万円?中古車買い取りの◯◯だと80万円でしたよ〜」と言えば、もしかするとディーラーは無理をしてでも80万円に査定を上げてくれる可能性もあります。これだと売るのと買うのが1人の営業マンで済むのでラクですよね。

ただし、ここでプリウスPHVの営業マンから「中古車の買い取り店には勝てませんよ」と言われたら、下取りは中古車買い取りに出せばいいだけです。

買う店と売る店が別々なんてことは何も珍しいことではありませんし、新車ディーラーの営業マンも、中古車を無理して買い取ることも必要がなくなるのでむしろありがたかったりするんですよ。

下取り査定をしてもらうには複数社から査定をもらうべき

下取りの車を査定して貰う場合、複数の中古車屋さんでしてもらう必要があります。

なぜなら、中古車屋によっては、あなたの車を多少無理してでも高く買い取りしたい店もあれば、あなたが売ろうとしている車はもう十分に在庫を抱えているので、今は買いたくないと思っている業者などいろいろだからです。

もし、あなたが売ろうとしてる車を欲しがってくれる中古車屋があれば、きっと他社の金額よりも高い査定を出してくれるケースが多いんです。

今はネットの無料査定を利用すれば、一度の入力をするだけで、5社などの複数社からまとめて査定をもらえるので、最高値も簡単に分かるし、相場額も簡単に把握することができます。

こうして、相場と最高値の金額さえ知っておいてからプリウスPHVを見に行けば、営業マンから安い査定額を出されても「あっそう!」と強気に構えることができます。

プリウスPHVを試乗してきた感想

プリウスPHVを10キロほど試乗してきました。走行中はほとんどエンジンがかかることがなかったんですが、平均燃費は1リッターあたり70キロを超えてて驚きました。

そして、加速はもの凄くて、ちょっとアクセルを踏んだだけで、あっという間に制限速度を超えるような勢いで、途中100キロ制限の箇所も走りましたが、何のストレスもなく控えめなモーターの音だけさせつつ100キロに達しました。

ブレーキも良く効くし、カーブも多少無理して突っ込でみても、平気で曲がっていきます。まるでちょっとしたスポーツカーや欧州車のような足まわりのしなやかさを持ってました。

信号街ではシーンとなるほど車内は静か、でも走り出すとロードノイズが下から聞こえて来る感じで、無音という訳ではありませんでした。ほどよい感じのノイズで、明らかに普通車では聞こえないようなオーディオの小さな音もクリアに聴こえてきました。

スピーカーの音も臨場感がそこそこあり、オプションでJBLの物(7万円程)に変える必要もないと感じました。

もし、音を改善させるなら、1万円や2万円で、ドアの内張りをデッドニングすればさらに簡単に音が良くなると思います。

とにかくガソリン代はかからなくて、燃費は凄いですが、本体価格は15万円の値引が出て、補助金が20万円があったとしても、370万円ほどはします。

でも、この車の加速の凄さと気持ち良いコーナリング、そして脆弱性と燃費の異常な良さを考慮すれば、金額は本当に妥当だと思えました。

登り坂も凄い勢いでビューンと走破するとは、想像もしてませんでした。大きなモニターも乗ってみると違和感はありませんでしたよ。

下取りに出す前に知るべき2つの注意点!

車の買い替えで得するか損するかは、下取りの車をどこに売るかでほぼ決定します!

その理由は以下の2点です。

  1. 新車ディーラーは中古車の買取は消極的
  2. 中古車屋はその時の在庫状態によって欲しい車と欲しくない車がある

これから言えることは!

最高値で車を売る(下取りに出す)には、中古車の買取業者のなかで、あなたの車を”ちょうど欲しがってくれる店”に売るしかないってことです。

そんな「ちょうど欲しがってくれる業者」を見つけるには、複数の買取業者から査定をもらい、最高値の業者を選べば簡単に実現します。

それを簡単に実現してくれるのが以下のような大手の一括査定サービスです。

一括査定サービスで下取りの最高額と業者名が分かる

1位 ユーカーパック (やり取り業者は1社だけ)
Ucar査定サービスは、家か近所のガソリンスタンドで査定を1回受けるだけでOKです。 Ucar査定に登録済みの膨大な買取事業者から買取価格の提示を受けることができる無料サービスです。 (他社だと仮に3社から査定をもらうなら、3回も業者と会う必要があります。)
詳細ページ公式ページ
2位 ズバット 車買取査定
・最大10社から査定がもらえ、入力は45秒です。 ・累計利用者数100万人! ・登録業者数はガリバーやカーセブンなど全国規模の会社を含むなど200社以上 ・メリット 業者数が多くて高値を見つけやすい ・デメリット 業者が多いので選ぶのに迷うかも。 業者からの電話がかかってくる 今なら抽選で最大10万円プレゼント! 年中無休でカスタマーサポートが受けられる安心感でも選ばれてます。私は売却に必要な書類のことなど相談させてもらいました。
詳細ページ公式ページ
3位 かんたん車査定
・最大10社から査定がもらえ入力は最短32秒 ・入力はわずは9項目だけ ・メリット 入力項目が少ないうえに業者選びがしやすい ・デメリット 2位のズバットより登録業者数が少ない 業者からの電話がかかってくる 日本初の買取査定代行サービス! 査定も売却もとにかく早く終わらせたい!という人にピッタリです。
詳細ページ公式ページ (上記の順番は、私・家族・友人がこの1年に使って高額査定が出た順です)