車を売る方法

車を高く売る方法を中心に買い替えに必要な情報も紹介してます

動かない車を売るには

動かない車を売るには、売るべき相手を間違えると大損します。

下手すれば50万円や100万円という値段がつくものがタダで処分になるリスクもあるんです。

動かない車を売る際に声をかけるべき相手とは

声をかけるべき相手は「中古車の買い取り店」で、しかも「故障車や不動車の買い取りに積極的な店」を選ぶべきなんです。

[st-kaiwa1]無料一括査定ならすぐ見つかります[/st-kaiwa1]

→ 金額はいくらか?どこが名乗りを上げてくれてるか?も分かります

 

反対に、声をかけるべきでない相手は「新車ディーラー」があります。まともな値段がつかないどころか、その店で新車に買い替えをしない場合には買い取り査定すら拒否されるのが一般的です。

 

そうかと言って、その辺の中古屋さんに査定してもらっても「動かない」ことを理由にタダ同然で買い取りされるのがオチです。

 

また、やり手の買取店などに声をかければ、あなたがその車の本当の価値を知らなかったり、知ってても強気な値段交渉ができない場合には、やはり二束三文で安く買い叩かれるのがオチです。

 

動かない車を新車ディーラーに売ってはダメな詳しい理由

トヨタやホンダなどの新車ディーラーに買ってもらおうとすればおそらくほとんどのケースで処分費用を取られることになります。

 

なぜなら新車販売店は、新車を売ることで利益を作るのが本業であって、中古車を買ったり売ったりするのは本業ではないからです。

 

仮に、買い取ったとしてもそれを高値で次に売るようなルートを持っていないですし、中古車を買い取って転売してもそれが自分のボーナスや給料の査定にはプラスにならないからです。

動かない車をその辺の中古車買取店に売ってはダメな詳しい理由

動かない車をその辺の中古車買取店に売っても、二束三文になりやすい理由ですが、最大の理由は、あなたの車と店が欲しがってる車のミスマッチです。

 

どこの買取店も在庫を抱えているので、すでに在庫にある車なら無理してまで買い取りしようとは思いません。代わりに、その予算で在庫にない人気車を買い取りしたいからです。

 

なので、あなたが処分をしようとしている車をちょうど欲しがってくれる店と出会い、そこに買い取りをしてもらうことが高値で売るための外せない条件となります。

 

自分で1店舗づつ回って声をかけるのは大変ですが、一括査定ならかんたんに見つけることができますよ。

 

車が動かない原因がバッテリーかどうか確かめてますか?

車が動かない理由の大半の理由はバッテリーあがりです。新車から10年近くも経ってる車の場合、エンジンを1週間かけてないだけでもバッテリーがあがることもあります。

 

もし、バッテリーの交換で車が動くようになれば、たった1万円や2万円といった出費で車の売値を20万円も30万円も簡単に上げることができるのでやってみるべきです。

 

もし、バッテリーの交換が分からなければ、近所のガソリンスタンドの人やカー用品店で相談してみてください。

バッテリーをその店で買う前提で話をすれば、案外、家まで来てバッテリー交換もしてもらえる可能性がありますよ。

 

軽自動車や小型車などであればバッテリーは5千円くらいからありますし、クラウンくらいの大きな車でも1万円ちょっとでバッテリーは買えます。

 

ちなみに、バッテリーは安物から高額なタイプまで何種類か選べますが、規格(サイズ・容量)が合ってさえいれば一番安いもので大丈夫です。エンジンがかかるかどうかにまでは差が出ません。

 

バッテリー交換でもだめなら、残念ながら一括査定を使って、動かない車でもOKな店に買い取りをしてもらうしかありません。

プロフィール

国産SUVに乗ってる41歳 ハリオです♪

今までに沢山の車の買い替え経験があり値引き交渉も下取り車を高く売るコツにも熟知。
(ファイナンシャルプランナー資格もあり)

アーカイブ

にほんブログ村 車ブログへ