車を売った体験談

新古車で買ったベンツC180がトヨタでタダ同然の下取り査定となりました

2年前に走行3000kmのベンツC180の新古車を購入し、そこから次の車検のタイミングとなる2年の間に全部で98,000キロを走行しました。売却時のメーターは101,000kmです。

傷もなく内装もきれいでタバコも吸っていないにもかかわらず、次にトヨタでアルファードハイブリッドの新車を買う際の下取り査定ではなんと30万円で引取りという衝撃的な査定がでました。

新古車とはいえベンツに払った金額は大きかったので私にとっては査定の30万円なんてタダ同然の印象でショックでした。

運転席のシートにややヘタリがあったものの、それ以外はピカピカだったので、少なくても50万円以上は確実で、大事に乗ってたから80万円くらいの下取り査定が出ると思っていたのに・・・

ベンツをトヨタに下取りに出したのが間違いでした

すでにそのベンツはトヨタに下取りに出してアルファードのハイブリッドを購入しました。それからしばらしくて知った話でしたが、ベンツに限らず輸入車を売却するのに国産の新車ディーラーに出すのは最も損な取引だったようです。

もともと、ネットやトヨペットなどの新車を扱う販売店では、仮に下取りに出す車がその店で買った車だったとしても下取りが安いらしく、少しでも高く売るなら中古車の買取店に売るべきだったみたいです。

さらに、トヨタに日産やホンダの車を下取りに出せばもっと査定は厳しくなるみたいで、最悪なのがベンツやBMWみたいに外車を買い取ってもらおうとする行為らしいんです。

で、究極に損をしがちなのが、新車でなく中古車で買った外車を国産ディーラーに売るという私のケースだったそうです。いくら新古車とは言え、すで2オーナーが登録された車を中古車として売るにはものすごく分が悪いそうで、1オーナーの中古車とコンディションが同じベンツでも、買い取った店は差別化のために売値を下げる必要があるとか。

ただし、世の中には2オーナーの中古ベンツでも新車ディーラーなどに比べるとずっと高い値段で買ってくれる店があるそうです。それが、まずは中古車の買い取り専門店という条件で、さらにそのなかで、ちょうど私のベンツが希望通りだというお客を抱えた店に売る方法なんだそうです。

中古車買取店にもいろんなタイプがあるとか

中古車買取店と言ってもいろんな店があるのでどこが良いか分かりませんが、売り慣れている友だちが言うには、「高値で売るには数社から査定をもらうこと」と教えられました。

どうやら店によって査定額の付け方が違うみたいで、さらに、ほしい色やグレードや、客が希望する条件にマッチすれば他の店よりかんたんに高値で売れやすくなるみたいなんです。

ちなみに、私が売ったベンツC180はオプション装備だらけにしていたことや、19インチホイールに履き替えていたこと、それに、マメにオイル交換をしていた整備記録などがあったので、30万円なんて値段になるはずはなかったみたいです。

車を売る方法がいろいろあることも知らなかったし、売る相手でまるで金額違ってくることも知らなかったのですごくもったいないことをしました。

せめて、19インチのタイヤホイールはヤフオクででも売ればよかったな・・・と思います。

一括査定サービスなら下取り最高額と業者がすぐ分かる

1位 ユーカーパック (やり取り業者は1社だけ)
Ucar査定サービスは、家か近所のガソリンスタンドで査定を1回受けるだけでOKです。 Ucar査定に登録済みの膨大な買取事業者から買取価格の提示を受けることができる無料サービスです。 (他社だと仮に3社から査定をもらうなら、3回も業者と会う必要があります。)
詳細ページ公式ページ
2位 ズバット 車買取査定
・最大10社から査定がもらえ、入力は45秒です。 ・累計利用者数100万人! ・登録業者数はガリバーやカーセブンなど全国規模の会社を含むなど200社以上 ・メリット 業者数が多くて高値を見つけやすい ・デメリット 業者が多いので選ぶのに迷うかも。 業者からの電話がかかってくる 今なら抽選で最大10万円プレゼント! 年中無休でカスタマーサポートが受けられる安心感でも選ばれてます。私は売却に必要な書類のことなど相談させてもらいました。
詳細ページ公式ページ
3位 かんたん車査定
・最大10社から査定がもらえ入力は最短32秒 ・入力はわずは9項目だけ ・メリット 入力項目が少ないうえに業者選びがしやすい ・デメリット 2位のズバットより登録業者数が少ない 業者からの電話がかかってくる 日本初の買取査定代行サービス! 査定も売却もとにかく早く終わらせたい!という人にピッタリです。
詳細ページ公式ページ (上記の順番は、私・家族・友人がこの1年に使って高額査定が出た順です)