車を売る 状況別

車の査定で喫煙のせいで評価が下がるケースと下がらないケース

車を売ろうと考えている方のなかには、車内でいつもタバコを吸っていたことが査定のマイナス要素になると心配されている方も多いと思います。

実際に、タバコを吸っていたかどうかは査定時には必ず聞かれますし、返事の内容によっては簡単に10万円や20万円くらい値下げ評価されるリスクがあるんです。

そこで、愛車の下取り査定でマイナス評価をされるケースと、意外にもされないケースについてお伝えします。

下取り査定でマイナス評価される喫煙車とは

マイナス評価をされる喫煙車には主に3つのタイプがあります。特に、最も大損をするのが3つ目になりますので、くれぐれもご注意ください。

天井など内張りにヤニ汚れがあるとマイナス

天井などの布地素材に明らかにヤニが付着して黄ばんでいるようなケースだと流石にマイナス評価になります。なぜなら、クリーニング処理が必要になることと、クリーニングをして布地などが元どおりに綺麗な状態に戻るとは限らないからです。

特に最近は、内装に柄物の素材を使っていたり、黄ばみなどが残りやすい明るい内装色を使っていたり、汚れを落としづらいアルカンターラ素材(ふかふかした手触りの人工レザー)などを使ってる車も多く、そういった素材に数年かけて染み付いたタバコのヤニを落とすのは相当な手間やリスクがあるんです。

焦げ跡があればマイナスです

シートやドアの内張りなどに焦げ跡あればマイナス査定の要因となります。特に影響が大きいのが焦げ跡部分の修理が難しい特殊な素材の場合です。

車によっては「◯◯エディション」などのように、内装に特に拘ってオシャレに作られた通常の内装と異なるモデルが存在しています。そうした車の場合、同じ部品を他の廃車にする車から持ってこようとしても、みつからなかったり、メーカーに修理部品としてシートや内張りを手配しても、限定モデルに使ってる内装はストックが存在しない事が多いんです。

なので、マイナス査定をして安く買い取っておかなないと、中古車屋が後で修理に高くついて儲けが減ってしまう恐れがあります。だからタバコの焦げ跡はマイナス評価をして安く買取りしたがるんですよね。

綺麗な状態の特別仕様車なら相場よりも高く売れやすいですが、逆に、ヤニ汚れや焦げ跡があれば、相場より安く買われやすいというリスクもあるんです

喫煙車なのに吸ってないと嘘をつく人の車は大きくマイナス査定

これは、過去に私がお会いした査定担当者から聞いた話ですが、明らかにヤニ汚れがありタバコの臭いも染み付いているのに「タバコは吸ってないです」と嘘をつく人の車は、簡単に10万円や20万円は安い査定額を出すそうです。

高額な車ほど査定額のマイナスは大きくして、本来なら下取り査定が200万円くらいの車だとしたら170万円くらいに安く見積るようにしているんだとか。この場合は、査定担当者は車ではなくオーナーを見て査定を下げるそうです。

嘘をつく人の査定を大幅に安くする理由

タバコを吸ってるのに吸ってないと嘘をつくような人は多く、そんな人は、高く売りたいがために他にも故障箇所などを知っているのに隠して売ろうとしている可能性が高いんだそうです。

そんな信用できない人の車を、相場価格や高値などで買い取ってしまうと、次のお客さんに売る前に、オートマやエンジンやヘッドライト装置の修理、またはエアコンの修理など、後でどれだけ大きな修理費用がかかるか分からないので怖いんです。

もし修理に50万円くらいかかるようなものなら、下手したら赤字になることもあるので、信用できない人の車は、現状では特に違和感がなくても念のために安く買っておこうとするようです。

下取り査定でマイナス評価されない喫煙車とは

車内の「見た目」にヤニや焦げ跡の影響が見た当たらない車は、いくらヘビースモーカーの人が乗ってた車でもマイナス評価にはなりません。

見た目の対処は手間がかかりますが、臭いの対処だけならわりと簡単にできてしまうからです。

例えば、オゾンを使って車内の嫌な匂いを完全の除去したり、布地のシートなどは簡単なルームクリーニングで綺麗にできるからです。

ちなみに、タバコの灰皿を使ってたか未使用のままか、これは査定には何の影響もありませんよ。

なお、ヤニ汚れなどが無くても、査定を受けるまえに内装の拭き掃除をしておいたり、カー用品店でオゾンを使った消臭剤などを手に入れてクリーンな車内にしておくことは基本中の基本ですよ♪(マナーとも言えます。)

もし、自分でやる時間がない場合には、ガソリンスタンドで内装掃除のメニューがいろいろ揃っているので、2,000~3,000円くらいの豪華なコースで掃除をしてもらえば、

査定の際に好印象を持ってもらうことは大切です

好印象を持ってもらえると、ボディーの多少の傷やへこみくらいは見なかったことにしてくれる査定担当さんもいたりするので、数万円のマイナス評価を2,000円ほどの出費で抑えられることとだってありえますよ。

査定担当さんも人間ですから、嘘をつく人には厳しく対処します。反対に、査定に向けて掃除も徹底してくれる人には優しい対処もあるえるということです。

下取りに出す前に知るべき2つの注意点!

車の買い替えで得するか損するかは、下取りの車をどこに売るかでほぼ決定します!

その理由は以下の2点です。

  1. 新車ディーラーは中古車の買取は消極的
  2. 中古車屋はその時の在庫状態によって欲しい車と欲しくない車がある

これから言えることは!

最高値で車を売る(下取りに出す)には、中古車の買取業者のなかで、あなたの車を”ちょうど欲しがってくれる店”に売るしかないってことです。

そんな「ちょうど欲しがってくれる業者」を見つけるには、複数の買取業者から査定をもらい、最高値の業者を選べば簡単に実現します。

それを簡単に実現してくれるのが以下のような大手の一括査定サービスです。

一括査定サービスで下取りの最高額と業者名が分かる

1位 ユーカーパック (やり取り業者は1社だけ)
Ucar査定サービスは、家か近所のガソリンスタンドで査定を1回受けるだけでOKです。 Ucar査定に登録済みの膨大な買取事業者から買取価格の提示を受けることができる無料サービスです。 (他社だと仮に3社から査定をもらうなら、3回も業者と会う必要があります。)
詳細ページ公式ページ
2位 ズバット 車買取査定
・最大10社から査定がもらえ、入力は45秒です。 ・累計利用者数100万人! ・登録業者数はガリバーやカーセブンなど全国規模の会社を含むなど200社以上 ・メリット 業者数が多くて高値を見つけやすい ・デメリット 業者が多いので選ぶのに迷うかも。 業者からの電話がかかってくる 今なら抽選で最大10万円プレゼント! 年中無休でカスタマーサポートが受けられる安心感でも選ばれてます。私は売却に必要な書類のことなど相談させてもらいました。
詳細ページ公式ページ
3位 かんたん車査定
・最大10社から査定がもらえ入力は最短32秒 ・入力はわずは9項目だけ ・メリット 入力項目が少ないうえに業者選びがしやすい ・デメリット 2位のズバットより登録業者数が少ない 業者からの電話がかかってくる 日本初の買取査定代行サービス! 査定も売却もとにかく早く終わらせたい!という人にピッタリです。
詳細ページ公式ページ (上記の順番は、私・家族・友人がこの1年に使って高額査定が出た順です)