車を売る 状況別

車を売る スペアキーが無い

車を売るのにスペアキーが無い場合には、できれば売却査定までにスペアキーをつくっておきたいところです。

なぜなら、スペアキーがない事を理由に、すぐに5万円や10万円もの値引きをされる可能性があるからです。

特に、スマートキー(持ってるだけでロックや解除ができるタイプのリモコン)の場合には、純正品を用意するとなると何万円もするのでその手間をガッツりと下取り額の値引にまわされてしまいます。

スペアキーを簡単に作る方法

どんなスペアキーでも簡単に作る方法があり、それは、カギ業者に作ってもらう方法です。

 

ディーラーなどでありませんが、本職のカギ屋さんがトヨタやホンダなどの車で使えるリモコンキーを作ってくれるところがあるんです。

 

ネットで「社名 カギ無くした」とかで検索すると、あなたのお住いのエリアの近くで作ってくれる業者がみつかるかもしれません。

 

もし近くで見つからない場合には、今あるリモコンキーを送ることで、その周波数に合わせて作ったものを送り返してくれるというサービスもあります。

 

これなら、本物のリモコンキーが1つあるだけで、スペアは簡単に作ってもらえます。

 

金額は1万円程度になりますが、新車ディーラーで作ってもらうとなれば、3万円くらいは簡単にかかるのでかなりお得になります。

売る車のスペアキーは解決!次にやるべきことは

スペアキーが揃っても、車を売る業者をちゃんと選ばないと、買取額で何十万円も安く買われて大損をしてしまいます。

 

うっかり悪徳業者に声をかけると相場より安く買われますし、資金不足や在庫が余り気味で余裕がない業者に声をかけても同じように大損になります。

 

そんな業者を選んでしまったら、スペアキーなんて作ってても焼け石に水の状態です。

 

でも大丈夫です、一括査定さえ利用すれば、優良業者を相手にちゃんとした高値で売れるようになります。

 

PCやスマホから走行距離などを入力すれば、後は5社ほどの買取業者から査定が届き、それを見るだけで、どこが最高値で買ってくれるか?その値段はいくらか?が分かるんです。

 

ほとんどの場合、新車ディーラーに売るよりも高く売れますし、自分で街の買取業者に直接声をかけて売るよりも、一括査定のサービスを通して売る方が高く売れるんですよ。

 

なお、この一括査定さえ最初に試してみれば、思ってたより高く売れることに驚くかもしれません。

 

それなら、スペアキーのことなんて最初から気にしなくても良かった・・・なんて事も十分にありえますよ。

下取りに出す前に知るべき2つの注意点!

車の買い替えで得するか損するかは、下取りの車をどこに売るかでほぼ決定します!

その理由は以下の2点です。

  1. 新車ディーラーは中古車の買取は消極的
  2. 中古車屋はその時の在庫状態によって欲しい車と欲しくない車がある

これから言えることは!

最高値で車を売る(下取りに出す)には、中古車の買取業者のなかで、あなたの車を”ちょうど欲しがってくれる店”に売るしかないってことです。

そんな「ちょうど欲しがってくれる業者」を見つけるには、複数の買取業者から査定をもらい、最高値の業者を選べば簡単に実現します。

それを簡単に実現してくれるのが以下のような大手の一括査定サービスです。

一括査定サービスで下取りの最高額と業者名が分かる

1位 ユーカーパック (やり取り業者は1社だけ)
Ucar査定サービスは、家か近所のガソリンスタンドで査定を1回受けるだけでOKです。 Ucar査定に登録済みの膨大な買取事業者から買取価格の提示を受けることができる無料サービスです。 (他社だと仮に3社から査定をもらうなら、3回も業者と会う必要があります。)
詳細ページ公式ページ
2位 ズバット 車買取査定
・最大10社から査定がもらえ、入力は45秒です。 ・累計利用者数100万人! ・登録業者数はガリバーやカーセブンなど全国規模の会社を含むなど200社以上 ・メリット 業者数が多くて高値を見つけやすい ・デメリット 業者が多いので選ぶのに迷うかも。 業者からの電話がかかってくる 今なら抽選で最大10万円プレゼント! 年中無休でカスタマーサポートが受けられる安心感でも選ばれてます。私は売却に必要な書類のことなど相談させてもらいました。
詳細ページ公式ページ
3位 かんたん車査定
・最大10社から査定がもらえ入力は最短32秒 ・入力はわずは9項目だけ ・メリット 入力項目が少ないうえに業者選びがしやすい ・デメリット 2位のズバットより登録業者数が少ない 業者からの電話がかかってくる 日本初の買取査定代行サービス! 査定も売却もとにかく早く終わらせたい!という人にピッタリです。
詳細ページ公式ページ (上記の順番は、私・家族・友人がこの1年に使って高額査定が出た順です)