車を売る方法

車を高く売る方法を中心に買い替えに必要な情報も紹介してます

車を売る 準備とは

投稿日:

車を売る準備は思ってるよりも簡単です。

必要な書類をちゃんと揃えておけば良くて、通常は、車を買取りしてくれる業者が必要な書類のリストをくれたり、面倒な手続きは代行してくれたりします。

 

ただし、準備のなかには賢く高値で売るために欠かせない準備もあるんです。それについても以下で紹介してみましたのでぜひ参考にどうぞ。

車を売る準備で欠かせない書類

車検証
自動車税の納税証明書
自賠責保険の証書
実印
印鑑証明

なお、印鑑証明は役所でもらうことができます。

意外と紛失しがちなのが自動車税の納税証明書で、これは紛失してても払った記録はデータベースで分かるので、管轄の自動車税事務所に行けば再発行してもらえます。

 

また、購入後に引っ越しをして住民票を移した人は、現状の住民票が必要となります。

 

車を売る準備で忘れてはいけない2つのこと

車を売る準備で、売り主さんが自分で気をつけておく必要のある「忘れてはいけないこと」が2つあります。

 

これをうっかりしていると売る予定が売れなくなったり、売れたとしても本来の売れるはずの値段よりも何十万円や場合によっては100万円以上も安く買取りされて大損します。

ローンが残ってるかどうか?

車を売る準備で忘れてはいけないこととして、まず最初はローンが残ってるかどうか?です。

 

もしもローンが残ってる場合には、ひとまずその残りを返済できる目処がたたないと売りたくても売れません。

ローン途中の車は、その名義はローン会社のものになっているので、例えどれだけ乗ってきた車でも、法的な所有権はローン会社にあります。

 

もし、ローンが残っている場合には、車が今ならいくらで売れるか?を確認し、その売れる値段とローンの残額を比較することで簡単に分かります。

仮に、ローンがまだ残る場合でも心配はいりません。次に買い替えをする車のローンに合算してもらうこともできるし、自動車ローンから通常の現金の融資にローンを切り替えてもらえば大抵はなんとかなります。

 

最高値をつけてくれる業者に売ろうとしているか

売る車の買取価格が最高値をつけてくれた業者に売ろうとしているかどうかです。

基本的に、中古車の買取りに強いのは中古車買取専門店であって、決して新車ディーラーではありません。なので、まずやるべきことは、複数の買取業者に声をかけて、買取りの査定を集めることになります。

 

3社〜5社ほどの買取業者から査定が集まれば、あとはそれを見比べるだけで、どこが最高値で買い取ってくれるかが一目瞭然です。

後は、その最高値の業者に車を売ればいいだけで、これよりも高く売れる店はまず他には存在しません。

 

逆に言うと、こうした複数の買取業者からの査定集めをせずに、どこか1社の買取業者にいきなり売ってしまったり、新車に買い換えるからと言って、新車ディーラーに売ってしまうことは大損に繋がります。

 

特に、新車ディーラーの場合には、売るのが本業であって買取には力を入れていません。なので、どれだけ買取額のUPについて粘って交渉をしても、その辺の中古車買取店には負けてしまうのがオチです。

-車を売るには

Copyright© 車を売る方法 , 2017 AllRights Reserved.