車を売る方法

車を高く売る方法を中心に買い替えに必要な情報も紹介してます

車を買う時は現金払いよりローンがオススメな理由

車を買う時に現金払いができる方や、そして、少しでもお金を節約したいという思いがあるならなるべく多くの現金払いをすることで、金利がかからなかったり、金利分の払いが少なくなるのでお得な買い方だと言われてきました。

でも、実はディーラーが喜ぶのは現金一括払いではなくてローンを使ってくれるお客さんなんです。ディーラーが喜ぶということは、あなたにもリターンがあるという事になるんです。

新車ディーラーがローン利用者を好む理由

新車販売のディーラーは、現金一括払いで買ってくれるお客さんよりも、ローンを利用してくれるお客さんを好む傾向があります。それは、ズバリ、ローン会社からディーラーへのバックマージンなどがあるからです。

ローン会社はただ待っていてもお客さんはそれほど来ません。でも、車の販売店と繋がっているおかげで、常にローン会社を紹介してくれることになります。そして当然ながら、ローンの申し込みが入ることになります。

そうしたパイプを繋げておくために、販売店に対して紹介料ともとれるバックマージンでお返しをすることもあるんです。当然、こうした見返りがあれば、現金一括で車を買うお客さんよりも、ローンを利用するお客さんの方を大切にしたくなりますよね。

また「ローンを利用されるなら更に5万円値引きします」などと値引きも出して購入を促したりもするんです。

そもそも、その値引きの5万円は現金一括払いだったとしても、すこし渋ればすぐに出てた追加の値引き額だったかもしれません・・・。

ローンを利用しておけば下取り車の査定も高くなりがち

ローンを利用するということは、営業所にバックマージンが入ることもありえます。つまり、営業者の利益が増えるということになるので、下取りに出す車の査定が多少は甘くなり高い金額がでることも十分にありえます。

ただし、その交渉の際に、あなたが自分の車の本当の価値を知っていなければ、「本当は下取りは80万円ですが、100万円で下取らせてもらいます」なんて言われても、それが本当か分かりませんよね。

もしかすると、新車ディーラーの下取りではもともと100万円が相場かもしれませんし、酷い場合は120万円が相場という可能性だってありえます。

更に言えば、中古車の買取店などに持っていけば新車ディーラーより高く買い取ってもらえる傾向があるので、150万円で買ってもらえる可能性だってあります。

まず、新車ディーラーで交渉をする前に、ネットの一括査定を利用して複数社の査定を取り寄せるべきです。そうすれば正しい相場額も分かりますし、どこの店が最高値なのかもすぐ分かるので、ディーラーが安すぎる場合には、一括査定でみつけた最高値の店に売ればいいだけです。

ローンを利用する時は販売店の紹介先を利用するべき

車の購入にローンを利用する時は、自分の友達や知り合いがいる銀行でローンを利用するという手もありますが、少しでも値引を引き出したり、納車を早くしてもらうなら、新車販売店の紹介してくれるローン会社を利用するのが得策です。

先ほども紹介しましたように、バックマージンがある場合には、あなたが好きに選んだローン会社を使われては販売店にとっては何のメリットも得られません。ローンを利用すれば返済がラクになるということは利用する当然の理由ですが、より多くの値引きをもらったり、納期で優遇してもらうためには、その営業所にとって美味しいおもいをさせてあげる配慮が必要です。だから、その営業所がオススメしてくれる銀行で、オススメの担当さんを通じて購入するべきなんです。ローンを組んで購入した後に繰り上げ返済で一気に返すという手も

ローンを利用したからと言って、仮に5年払いなら5年かけて払わないといけないということはありません。即効で全額を払って終わらせるのも自由です。

ローンによっては、繰り上げ返済をすれば、本来払うはずだった利息分が大幅にカットできるタイプもあります。この場合、購入した車によっては数十万円分も利息の支払いを減らせることもありえます。(少なくても数万円くらいはすぐ減らせますよ。)

そこで、少しでも車を安く買うための方法として、ローンを利用して多くの値引きをもらっておき、納車後に一気に払えるだけの金額を繰り上げ返済してしまうという手があります。

これで、抱えるローン額を最初に減らすことができれば、後々払い続ける利息も少なくなります。

プロフィール

国産SUVに乗ってる41歳 ハリオです♪

今までに沢山の車の買い替え経験があり値引き交渉も下取り車を高く売るコツにも熟知。
(ファイナンシャルプランナー資格もあり)

アーカイブ

にほんブログ村 車ブログへ